一般社団法人はりまコーチング協会(消費者法務と食品表示の専門家) https://harima-coaching.or.jp

明石商工会議所 新入社員コンプライアンス研修(2017/4/6)【実施報告】

毎年実施される明石商工会議所での2日間の新入社員研修の1日目の午前中の2時間を担当しました。受講者は約90人で、3年連続で講師をさせていただきました。

これまでは2日目だったので少しは緊張感がとけていたかもしれませんが、今回は初日の1コマ目です。座席並びも縦の順番で同じ会社でも隣は別の会社の受講生でした。少しワークもする予定でしたので最初に隣の受講生と挨拶をして緊張をといていただきました。

広い会場なので、パワーポイントの字は大きく表示して、資料もスライドをそのまま印刷するのではなく、下半分がメモ欄になっている10ページの資料にまとめ、レジメと簡単な穴埋め確認テストを使用しました。

研修内容は例年と基本的には同じですが、消費者教育のなかで、「債務整理」と「リボ払い」について追加しました。

消費者教育的な部分は実は中学校や高校で学習している内容なんですね。教科書的な知識から、実際に社会人になってリアルに遭遇する問題として、「知っている」から「できる」ようにレベルアップしてほしいという願いもこめました。

研修内容

研修タイトル
『社会人のコンプライアンス
~企業不祥事の未然防止と若者を狙った悪質商法から身を守るために~』

配布資料・・・レジメ1ページ、資料10ページ、確認テスト1ページ
※スライド資料は配布していません

コンプライアンスって知ってますか?

最初に「コンプライアンス」という言葉を知っているかという問いかけをして、知っていることをメモしてもらうワークをしました。知らなければ知らないでもかまわないということで、隣の受講生と何を書いたか意見交換してもらいました。

多くの受講生は、あまり知らないというのが現状です。法律系の大学を卒業したのでなければ、ニュースで言葉は聞いたことがあっても、内容までは知らないですよね。研修前後でどう変わるかというのを確認します。

目標

  1. 大人の責任を知ろう
  2. 契約トラブルを知ろう
  3. 不祥事は「ひとごと」ではない

主な内容

  1. 20歳になったら何が変わる?
    ・・・法律(民法)上の「未成年者の契約」と「20歳になったときの責任」について
  2. 消費者契約について
    ・・・トラブルの多い取引には法律の規制がかかり消費者は保護されます
  3. 特定商取引法とクーリングオフについて
    ・・・クーリングオフ期間内であれば無条件で解約できる
  4. 具体的なトラブル事例を紹介
    ・・・キャッチセールス、デート商法、マルチ商法など
  5. クレジット契約と借金について
    ・・・気をつけたい携帯電話契約
  6. 消費者力を向上させ、自立した消費者へ
    ・・・従業員個人のコンプライアンス
  7. 事業者として法律を守る立場に
    ・・・事業者としてのコンプライアンス
  8. まとめ

研修内容の一部を実際に使用したスライドで紹介します

未成年者契約

法律行為とは

消費者を守る制度

クレジット契約

債務整理

リボ払い

コンプライアンスとは~消費者から事業者の立場へ

コンプライアンスとは~企業不祥事の予防

まとめ

神戸新聞 平成29年4月7日(土) 朝刊 明石地域版

研修内容の問い合わせ

研修内容については、問い合わせフォーム等からご連絡ください。

Pocket