オークションに出品しすぎると販売業者とみなされます

ヤフーオークションなどのオークションでは、個人の不用品の処分として楽しむことから始まりました、今では、商品を仕入れて利益を出して、小遣い稼ぎに使う人も増えてきました。
すると、趣味を越えて販売業者になるのではないかと指摘されてしまいます。

そして、事業だとすると、販売業者として、特定商取引法による表示や規制などの義務が生じます。さらに、事業の開始届けや税務申告の必要もあり、場合によっては副業禁止の就業規則にも抵触する可能性もあります。
たくさんいるから見つからないと思うのは甘い考えで、行政の調査だけでなく、内部告発も多くあります。追徴課税だけでなく、本業を解雇されないためにもルールを理解しておいてください。

また、本人が利益も出ておらず営利目的ではなく趣味だよと言っても通じるわけではなく、営利かどうかは、やっている人の意思には関係なく、客観的に判断されます。

そこで、国からどんな場合に「販売者」としてみなされるかというガイドラインが平成18年1月31日付けで策定されました。

特定商取引法の通達の改正について
~「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」の策定について~

http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/consumer/tokutei/pdf/auctionguideline.pdf

または、特定商取引法ガイド
特定商取引法ガイド>特定商取引法とは>インターネットで通信販売を行う場合のルール
インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン
http://www.no-trouble.go.jp/pdf/20120401ra01.pdf

インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン

(1) 全てのカテゴリー・商品について

例えば、以下の場合には、特別の事情がある場合を除き、営利の意思を持って反復継続して取引を行う者として販売業者に該当すると考えられる。
①過去1ヶ月に200点以上又は一時点において100点以上の商品を新規出品している場合
②落札額の合計が過去1ヶ月に100万円以上である場合
③落札額の合計が過去1年間に1,000万円以上である場合

(2) 特定のカテゴリー・商品について

例えば、以下の場合には、通常、販売業者に当たると考えられる。
①(家電製品等)について、同一の商品を一時点において5点以上出品している場合
②(自動車・二輪車の部品等)について、同一の商品を一時点において3点以上出品している場合
③(CD・DVD・パソコン用ソフト)について、同一の商品を一時点において3点以上出品している場合
④(いわゆるブランド品)に該当する商品を一時点において20点以上出品している場合
⑤(インクカートリッジ)に該当する商品を一時点において20点以上出品している場合
⑥(健康食品)に該当する商品を一時点において20点以上出品している場合
⑦(チケット等)に該当する商品を一時点において20点以上出品している場合

また、ガイドラインでは例外等についても説明されていますので気になる場合はガイドライン本文を参照してください。

たとえば①について、次の説明があります
「但し、トレーディングカード、フィギュア、中古音楽CD、アイドル写真等、趣味の収集物を処分・交換する目的で出品する場合は、この限りではない。」