研修内容の紹介(必要に応じてカスタマイズします)

【目的・目標】

新入社員には、「ビジネスマナー研修」だけでなく、企業の存続に重要な「コンプライアンス研修」が必要な時
代です。初めてのコンプライアンスとして、身近なことから組織のことまで3ステップで学ぶことによって、「他人ご
と」ではなく、「自分ごと」であるという自覚を持つことができます。

【特徴】一般的なコンプライアンス研修との違い

消費者教育とコンプライアンスを融合させているので、自分ごとと感じることができます。

【3ステップのコンプライアンス】

  • STEP1(自分のために) 従業員自身の消費者力の向上
  • STEP2(お客さまのために)お客さまとの契約ルールの遵守
  • STEP3(会社のために) 企業不祥事の未然予防

【研修効果】

  1. 社会人としての自覚
  2. お客さまからの信頼の獲得
  3. 苦情の減少と適切な対応
  4. 企業不祥事の未然予防
  5. 企業への帰属意識の向上

【STEP1】従業員自身の消費者力の向上 ➡  消費者契約や悪質商法の知識を学ぶ

  • 契約の基礎知識・・・未成年者契約、契約の成立、消費者契約
  • 悪質商法への対応・・・消費者契約法、特定商取引法(クーリングオフ)、消費生活センター
  • 債務整理・・・借金問題の解決方法(自己破産、個人再生、任意整理、特定調停)
  • ※プライベートな問題が会社に影響を及ぼさないようにする(精神状態の安定、横領等の防止)

【STEP2】お客さまとの契約ルールの遵守 ➡  消費者から事業者の立場にかわる

  • 消費者とのトラブルを未然に防止するために、STEP1で紹介した法律のルールを知っておく必要がある。
  • これがコンプライアンス(法令遵守)の第一歩である。

ポイント

  • コンプライアンスは「他人ごと」と思いがちです。難しい法律用語を並べても、頭に入りにくいのが現実です。
  • まず、「日常生活で契約や取引のトラブルになったことがあるという経験」や「これからトラブルにあうかもしれないという思い」から、「自分ごと」として身近に感じることで、今度は、「お客さま」に対してトラブルにあわせることのないように法令を守ることが大切であるという意識付けにつながります。
  • また、自分自身が行っている何気ない身近な行動が企業不祥事につながっているという実例を知り、「自分ごと」であると認識してもらいます。
  • 「他人ごと」ではなく、「自分ごと」と感じていただければ、自主的な行動につながります。
  • 消費者センターで11年間15万件の相談を経験したからこそ、「自分ごと」として感じてもらうことができるリアルな話をすることができます。
  • 受けさせられている研修ではなく、積極的に受けている研修に変化させましょう!

コンプライアンス研修の実施レポート

研修企画書のダウンロード(新入社員コンプライアンス研修)

  • 管理職向けの研修はこちらです
Pocket