MENU

新しい食品表示制度の完全施行まで1年半

  • 容器包装に入れられた加工食品の表示制度が平成27年4月1日に大幅に変わりました。完全施行の平成32年4月1日まで5年間の猶予期間がありますが、あという間に1年半前となりました。
  • 特に中小の製造メーカーや委託製造している販売事業者では、なかなか対応が進んでいません。
  • 消費税転嫁対策が必要といわれていますが、確実にラベルを作り替えることになるので、早めの対応をしておかなければ、ラベルの廃棄費用などの大きな経済的損失になります。間に合わなければ、商品を製造できなくなってしまう可能性もあります。
  • 基本的には、作り変えたラベルを保健所にチェックしてもらうことができますが、そもそも新しい食品表示制度についてる理解しているでしょうか。
  • 私は兵庫県商工会連合会の専門家登録をしているのですが食品表示に関する専門家派遣の依頼を受けたりしています。
  • 中小企業の支援機関の担当者と新しい食品表示制度の話をさせていただくことがありますが、初めて聞かれることも多く、重大さを感じていただいております。
  • 相談用の資料として使いたいという要望もあったので、改めて、ポイントをまとめた資料を作成しました。パワポスライド20枚分をPDF資料にしています。交流のある支援機関の担当者の方には直接お渡ししています。希望される場合はメールで送付させていただくか、直接お持ちして説明させていただきますので、ご連絡ください。
  • 今後、施行直前になると、個別の専門家派遣では追いつかなくなる可能性もあるので、ぜひセミナー・研修・勉強会等を開催していただければと思っています。

 

大きなポイント

  • 製造所固有記号の制度が変わり、2か所以上の製造所でのみ使用できることになりましたので、1か所の製造所の場合は、記号で表示できず、製造所を併記する必要があります。
  • 原材料と添加物を分けて表示する必要があります。
  • 栄養成分表示が義務化されます。

景品表示法(飲食店のメニュー表示)研修実施レポート

【西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社】飲食店メニュー・物販の表示違反対策研修~景品表示法・食品表示法について~(平成2018年10月3日)⇒ 報告

【セミナー開催情報】女性のための起業応援カフェ in 洲本(特別版)-2018年11月19日(月)10:00~11:30

【主催】生きがいしごとサポートセンター播磨東
女性のための起業応援カフェ in 洲本-2018年9月13日(木)、9月27日(木)、10月11日(木)、追加11月19日(月)
【開催場所】YORISOI米田家(〒656-0025 兵庫県洲本市本町7丁目2-25)
【参加費】無料
【申し込み】生きがいしごとサポートセンター播磨東(https://ikisapo-emilife.org)※追加開催につき参加可能か電話でお問い合わせください(すでに定員近くに達しています)。


 

第4回目の追加の特別版としての11月19日(月)に講師を担当します。

特別版 事業をするなら知っておくべき契約と取引の基礎知識

  • 消費者契約と事業者間契約の違い
  • 大切な資金を失わないために契約の仕組みを知る
  • 個人経営者(特に女性)を対象とした最近の高額な営業事例

※時間があれば「WEBでの情報発信とホームページ作り」について少しふれます

食品関連施設向け「飲食店メニュー・物販の表示違反」対策研修

  • 大手居酒屋チェーン店やファストフードによる景品表示法の不当表示(優良誤認)など、表示違反が相次いでいます。
  • ひとたび措置命令を受けると、新聞社告や返金等の顧客対応により、大きな経済的損失をこうむります。当然、信用失墜による社会的な損失も受けます。
  • 平成26年12月1日に、規制強化された「改正景品表示法」が施行され、個人事業主を含む企業等に対して「表示管理体制の構築」が義務づけられました。その中で、表示に関係するすべての従業員に景品表示法の考え方を周知し、表示に関する情報を共有することなどが定められています。
  • 平成28年4月1日から「不当表示による課徴金制度」も導入され、実際に課徴金納付命令がされています。

景品表示法ってご存知ですか?飲食店であれば保健所が管轄する食品衛生には詳しいと思いますが、景品表示法については、あまり意識していないのではないでしょうか?

まず、従業員・経営者に対して、景品表示法の研修を開催することをおすすめします。

⇒ 景品表示法の研修内容はこちらです

(参考)研修レポート

  • 【西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社】飲食店メニュー・物販の表示違反対策研修~景品表示法・食品表示法について~(平成2018年10月3日)⇒ 報告

ダブルの専門家としてサポートします

  • 元保健所食品衛生監視員として「食品表示法」をはじめとした食品衛生分野
  • 元消費生活センター職員として「景品表示法」をはじめとした消費者法務

飲食施設に特化した「人材教育と危機対応」をパッケージで提供しています

  1. コンプライアンス研修(新入社員・管理職等)
  2. カスタマーサービス(お客様対応)の法務研修
  3. 食品表示研修(景品表示法・食品表示法)
  • パッケージには、日常的な簡易な個別相談(表示の相談・苦情対応相談)も含まれます。
  • 事故発生時の行政への報告書作成等も別途支援します。

お知らせ

最近の活動

  • 【西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社】飲食店メニュー・物販の表示違反対策研修~景品表示法・食品表示法について~(平成2018年10月3日)⇒ 報告
  • 【三重県教育委員会】学校給食における事故防止について~異物混入の原因と対策~(平成2018年7月25日)⇒ 報告
  • 【国立循環器病研究センター】平成28年度コンプライアンス研修「事例で学ぶコンプライアンス」(平成30年5月23日)⇒ 報告
  • 【明石商工会議所】新入社員コンプライアンス研修(平成30年4月6日)
    「社会人のコンプライアンス」~企業不祥事の未然防止と若者を狙った悪質商法から身を守るために~
    ■企業・団体等からの新入社員コンプライアンス研修の依頼はこちら
    ⇒ https://harima-coaching.or.jp/kensyu/kensyuu-2801
  • 【人事・採用・研修・CS担当者向けセミナー】お客さまからの信頼を獲得し、企業価値を高めるコンプライアンス教育(3/13神戸・3/15大阪)
    ■セミナーの詳細はこちらです
    ⇒ https://harima-coaching.or.jp/comp-seminar
    ■企業研修については個別にご相談ください。
  • CS担当者の交流会で登壇しました
    ■レポートはこちら(スライドも閲覧できます)
    ⇒ 消費者センターから見た企業のお客さま対応(CSビアバッシュ大阪 Vol.7 )2018/1/24

ワードプレス(WordPress)によるホームページ制作支援・情報発信サポート

  • 情報発信ツールとして最も普及しているワードプレス(WordPress)を用いて、個人経営者・企業・団体等のホームページ制作を支援します。
  • ワードプレスはブログ機能がついたホームページ制作ツールです。
  • ワードプレスは一般的なブログサービス(アメブロなど)に比べて検索流入(SEO効果)に優れているので、WEB情報発信およびWEB集客を強化することができ、売り上げ向上につなげることができます。
  • 消費者法務の専門家としての知見を活かして、法令を遵守した信頼されるホームページを作成します(特定商取引法・個人情報保護法・景品表示法など)。
  • 主に個人経営者や女性起業家などの小規模なビジネスを対象とします。
  • 自分自身で情報発信・更新できるようにサポートします。
  • ワードプレスを使ったホームページを初期設定から使い方まで一緒に作業しながら約20時間(2日半)で完成を目指します。
  • ビジネスモデルの構築サポートや継続的に情報発信していくためのサポートと組み合わせることで、ビジネスをブラッシュアップすることができます。

詳しくはこちらのページを参照してください

ワードプレスによるホームページ作成サポート・実績
https://harima-coaching.or.jp/wordpress-lesson

※IT導入補助金での対応をしています※

 

アメブロ「個人経営者・女性起業家のための法律の基礎知識」

アメブロ「個人経営者・女性起業家のための法律の基礎知識」

https://ameblo.jp/akamatsu999

お知らせ

  • 【記事更新】小規模事業者に大きな影響のある改正個人情報保護法が平成29年5月30日が施行されました ⇒ こちら
  • 現在、消費者法務の専門サイトを構築中です。消費者法務を体系的にまとめ、法律改正や事例解説、最新ニュースを情報発信します。専門記事はこの法人サイトから引っ越す予定です。

個人情報保護法の改正

  • 平成29年5月30日に改正個人情報保護法が施行されました。平成17年4月に制定されてから初めての大きな改正になります。
  • 特に、これまで個人データの保有数が5000人以下の場合の適用除外規定が削除されたので、小規模事業者を含めたすべての事業者に法律への対応が必要です。
  • 改正個人情報保護法の施行にともなう、公的機関・企業研修等の講師依頼を承ります。
  • 研修内容は、企業研修メニューの個人情報保護法をご覧ください。企画書もダウンロードできます。

消費者法務に関するセミナー・研修の実施レポート

  • 「セラピスト・サロン経営者のための法律勉強会」(2017/9/22)(奈良)⇒ 報告
  • 奈良WFC会員向け講座 【仕事をする人必見!「知らなかった」では済まされない、契約と取引の基礎知識】(2017/8/17)
  • 明石商工会議所 新入社員研修「社会人のコンプライアンス」(2017/4/6)⇒こちら
  • 箕面商工会議所 クレーム客を優良顧客に変える苦情対応のコツ(2017/2/10)
  • 明石市教育委員会 学校給食における事故防止について~異物混入の原因と対策~(2016/12/18)⇒こちら
  • 【接骨院対象】WEB情報発信セミナー(2016/12/18)⇒こちら
  • 明石商工会議所 創業塾フォローアップセミナー「Webによる情報発信と信頼されるホームページの作り方」(2016/11/27)⇒こちら
  • 明石商工会議所 創業塾「これだけは知ってほしい事業者のための契約の知識」(2016/7/31)⇒こちら

※そのほかの実施報告はカテゴリまたはサイトマップの「セミナー実施報告」からご覧ください

神戸新聞に寄稿しました(平成28年5月1日)

280501-kobe◆神戸新聞5月1日号の5面、日曜オピニオン「見る思う」に寄稿させていただきました。詳細はこちらを参照してください。

新入社員の若者に、どうすればコンプライアンスを理解してもらえるのかということを、消費者教育とコンプライアンスの融合という視点で紹介しています。実際の研修では、これに加えてSNSや個人情報流出などの不祥事予防も取り上げています。

 

 

 

新入社員研修が取材されました(2016/4/9)

4/8(金)に明石商工会議所で担当した新入社員研修の記事が神戸新聞に掲載されました。
https://harima-coaching.or.jp/2986.html

研修実施報告はこちらです

新入社員研修を承っています(下記を参照してください)

⇒ https://harima-coaching.or.jp/kensyu/kensyuu-2801

『新入社員コンプライアンス研修』受付中

271104-01
くわしくはこちら(PDF版のチラシはこちら

メールマガジンの登録

経営者・事業者向けに消費者法務・WEB情報発信・経営・起業についての情報を発信しています。

法律の知識や具体的な対応方法は、すぐにマスターすることはできません。日々の積み重ねが必要です。

メールマガジンで日常的な事件等を題材にした情報を発信しています。
PAGE TOP